HOME » 相続対策・事例

相続対策・事例

相続税とは?

正味の遺産額(課税価格の合計額)
(相続財産+みなし相続財産-非課税財産-債務・葬式費用+3年以内の贈与財産)
から控除額を差し引いた金額に税率を掛けたものです。

相続開始を知った日の翌日から10ヶ月以内に所轄税務署へ申告書を提出し、納税しなければなりません。まとまった額の支払いを迫られる為、事前の準備が重要となります。 基本的な相続税は下表から算出されます。

各相続人の法定相続分に対応した金額 税率 相続税控除額
1000万円以下の場合 10% 0万円
3000万円以下の場合 15% 50万円
5000万円以下の場合 20% 200万円
1億円以下の場合 30% 700万円
2億円以下の場合 40% 1700万円
3億円以下の場合 45% 2700万円
6億円以下の場合 50% 4200万円
6億円超の場合 55% 7200万円

相続税控除とは

  1. 基礎控除 3000万円 + (600万円×法定相続人の数)
  2. 生命保険金
  3. 死亡退職金は法定相続人の数×500万までは非課税です

他にも 配偶者の税額軽減、贈与税額控除、障害者控除、未成年者控除、相次相続控除、外国税控除などがあります。

法定相続人とは?

法定相続人とは相続をされる権利のある方の事を指します。
基本的な法定相続人と配偶者の相続分は下表のようになります。

相続人 法定相続人 配偶者の相続分 子供他
配偶者と子供 2分の1 2分の1
配偶者と直系尊属 3分の2 3分の1
配偶者と兄弟姉妹 4分の3 4分の1

地主側に立った「税務対策」に定評があり、”税務署泣かせ”の異名を持つ税務コンサルタント谷口賢吉氏とアドバイスさせて頂きます。


以下は相続税対策にアパート経営アドバイスをさせて頂いた事例です

アパート経営アドバイス事例1
  • 相続税対策前の相続税額 約1億6,000万円
  • アパートを建て土地の評価を下げた後の相続税額 約6,600万円
  • 借り入れの返済や税金支払い後の手取り額 約50万円
  •  
  • 利回り 約8.6%
アパート経営アドバイス事例2
  • 相続税対策前の相続税額 約8,100万円
  • アパートを建て土地の評価を下げた後の相続税額 約5,600万円
  • 借り入れの返済や税金支払い後の手取り額 約20万円
  • 利回り 約8.8%

このページのトップへ

アパマン検索はこちら

不動産査定・売却相談

不動産メンテナンス・サービス

お役立ち情報

地元のBLOG ジモログ

不動産のオークション マザーズオークション 出店中

金利が変わらない安心 フラット35 お取り扱いしています